オイルロックス 脅威の高速凝集処理剤

ドレーン排水、機械洗浄水、切削油排水、塗装工程排水など乳化油を含む工場排水 

乳化したタービンオイル、燃料油などまじった発電所排水

はつり、切削などセメント排水、塗料排水など屋外作業排水

その他、船舶のバラスト水、地中からしみ出した油泥水、アオコ、ラテックスの混じった
   水懸濁物質(SS)や乳化した油分(n-ヘキサン抽出物質)を簡単かつ安価に
   凝集除去します

オイルロックス

オイルロックスは

●少量(原水の1/500~1/500)を入れて数十秒攪拌するだけで大きく強固で
 脱水性のよいフロック(SSや油分をゼリー状に固めたもの)ができるのでプラントが
 簡素化でき作業時間も短縮できます。
● 少量で高濃度原水を処理することができます。

オイルロックスによる処理例

オイルロックスの使用条件

オイルロックスの水溶液のpHは7.2程度であり、通常安定して使用できるpH域は6.0~9.0です。但しpH10以上の強アルカリであってもコンクリート洗浄水や道路切削排水などの無機系懸濁液は凝集可能性大です。

油膜はオイルロックスを大量に費消してしまいます。
原水の水面の厚い油膜があるときは、あらかじめオイルクロス、オイルマット、油水分離機(オイルトラップ)、スキマーなどでおおまかに回収しておいてください。
 または、オイルロックスと一緒に浮遊活性炭化物「スミレイ」(谷口商会製)を入れてオイルロックスと一緒に攪拌して下さい。水面の油膜を強力に吸着除去ずるスミレイと水中の油分を確実に凝集させるオイルロックスを併用すれば油に逃げ場はありません。

オイルロックスの使用方法

換気のよいところでお使いください。多量に吸引しないでください。目に入った揚合には直ちに水で洗浄してください。使用後はうがいをして手や顔を洗ってください。

準  備 : 1リットル程度の原水をサンプリングして凝集実験を行い、通正使用量や処理水の
      排水基準過合性(ノルマルヘキサン抽出物濃度、SS濃度、 pHなど。
      県の工業試験場などで測ってもらえまず。)などを確認してから実地使用することを
      お勧めします。
混ぜ方 : 水面に分散させるように入れます。
      最初は泡立つくらいに速くもやもやとしたゼリー状のフロックができはじめたら
      フロックをまとめるようにゆっくりとまぜるのが理想です。
濾し方 : フロックが強固なのですばやい濾過が可能です。粗めの濾過材でも大丈夫です。
後始末 : 使用後の濾過材や濾過されたフロックなどは廃棄物処理法に従って
      処理してください。工場、官庁など「事業者」が御利用の場合は「産業廃棄物」に
      なります(分類は「廃油」混じりの「汚泥」ないし「廃プラスチック類」になることが
      多いと思われます)ので該当する処理業者に処理を依頼してください。
      但 市町村によっては「あわせ産廃処理」で一般産業廃棄物同様に引き取って
      くれる場合もありますので、詳しくは直接市町村に御間い合せください。

オイルロックスの使用量

適正使用量を決めるには、最初は水1リットルに対してオイルロックスなら0.3g(0.03%)程度、オイルロックスZなら0,2g(0.02%)程度から試し、かきまぜながら没入量を増やしていき原水が透明になったときを一応の適正使用量と考え、その後ノルヘキ濃度などを確認レてください。
通常は高濃度廃水でもオイルロックスなら2g(0.2%)程度、オイルロックスZなら1g(0.1%)程度で処理できます。排水の濃度が高ずぎて多量に使用しても凝集しない場合は、むやみに凝集剤の量を増やすのではなく排水を少量の水で希釈したり初期攪拌速度をあげたり活性炭などの助剤を併用したりすることが有効です。

オイルロックス


品名 入目 荷姿 使用量
(原水に対して)
オイル
ロックス
1kg
5kg
10kg
20kg
ポリ容器
段ボール(1kg ラミパック×5個)
段ボール(1kg ラミパック×10個)
紙袋(ポリ内袋付)
0.03~0.2wt%
オイル
ロックス
Z
1kg
5kg
10kg
20kg
ポリ容器
段ボール(1kg ラミパック×5個)
段ボール(1kg ラミパック×10個)
紙袋(ポリ内袋付)
0.03~0.2wt%


オイルロックスの品質保持期間

製造日から1年または開封日から3ヶ月です。開封後は水濡れや湿氣を避けてできるだけ密封保管してください。湿気を吸うと凝集性能が落ちまず。特に容器の半分以上使用した後は乾燥剤・除湿剤(タンス用のものなどでもOK)を入れて湿気を除去ずることをお勧めします。

商品の詳細及びACライトの実施訓練や講習会をご希望の方はお問い合わせ下さい。
有限会社メディアプランニング TEL 0586-85-5071